読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある神山担の日常。

発見から5年。奇跡的な再会を果たし、現在虹色の毎日。

ジャニーズWESTに辿り着くまで。

はじめまして、ももと申しますm(__)m

 

普段はちょっと忙しい田舎の大学生、家に帰るとジャニオタという二つの顔を掛け持ちしながら、毎日必死に生きています。

 

今回はそんなヘンテコな私の過去の経験と、これから前に進むためにある一つの区切りをつける話。

※これからの自分のために記録として残しておきたいと思います。

 

 

 

 

私のジャニオタ人生のプロローグとなった時期は小学4年生の頃。

1人の友人親子の影響でデビュー当時のKAT-TUNにハマリました。口を開けば「カメと結婚する!」だの「カメと付き合う!」だの言う日々。

また、たまに祖母の家に遊びに行くと祖母が少クラという番組自体が好きで見ていたこともあり、一緒にかっこいいって言って見てたのもいい思い出。(これは現在も継続中)

好き好き言い過ぎて普通にジャニーズ好きで一緒にテレビを見ていた親も呆れてました。

(カートゥンカトゥーンとかも懐かしいな。)

 

しかし子供心というものは時に残酷で、ハイフン生活も長くは続かず、1年後には「松潤!」と叫び始めます(^^;

 

小5の春、嵐の松本潤くんに恋をしました。

 

これがある意味私の初恋です。

(そうしたらその前の亀梨くんはなんだったんだってなりますが、「結婚する!」や「付き合う!」はただの口だけで、LOVEではなくLIKEの方だったように思います笑)

 

当時は松潤で頭がいっぱいでした。

きっかけはとある音楽番組の司会だったと思います。

初めは松潤のことを俳優さんだと勘違いをしていました。

(恐らく、当時ドラマや映画の出演よりも音楽番組の司会を毎週みていたせい。なぜか歌っている姿は見ていなかった。)

そしてアホな私は松潤はジャニーズって知った後も何故か「松潤は俳優説」を信じて疑わず、「嵐・松本潤」であるって知った時の衝撃は今でも忘れられません。

この間、約1年。←

 

松潤って歌もダンスもできるんだ!かっこいい♡」って彼の本業にようやく気づいた私は嵐について調べ始めます。

 

結論、見事にハマりました。

 

しかもちょうどその頃、今となっては懐かしい「ひみあら」の放送開始や、auなどの大手企業のCMも増えて露出が多くなっていった時期で、私も慣れないパソコンで必死に出演番組やCM、雑誌を検索し、「もし、松潤と街で会ったら…」と妄想を重ねる日々…

 

今となってはこの時期の行動が私のジャニオタの人生の基盤になっているのではないかと思います。

 

嵐ファンになった私、嵐について調べる日々が1年間ほど続き、とうとう小学校卒業を迎えました。

(卒業式の前の日にごくせん第一シリーズとピカンチを観たのはいい思い出♡)

 

中学になった私。

春休みに必死で親に頼み込み、嵐のFCに入会しました。

そしてその年の10周年ツアーにも参戦。

気づいたら嵐は箱推しになってました。

 

とにかく中学の青春すべてを嵐に注ぎ込みました。

 

もちろん、嵐以外も好きなメンバーやグループはありました。

中1の夏に関ジャニにハマリ、中2の頃に某雑誌で当時7WESTだった神山智洋くんを発見(後述)したり、中3の頃にデビューしたSexy Zoneを密かに応援してたり。

でも自分の中で嵐という勢力が大きすぎて、いつも最後は「やっぱり嵐だな。」でした。

 

この頃友達にはジャニオタだと言っていなかったため1人で孤独に応援していました。

(さみしかったな…あの当時(=_=))

 

だから進学した高校では勇気を出して嵐ファンだと自己紹介したものの、クラスに1人もジャニオタが存在しないという事態!

おかげで嵐ファンだということを周りからいじられることもしばしば(-ω-;)

 

そんなこんなで気づけば高校2年生。

勉強が忙しかったこともあり、中学時代ほどの嵐への熱が冷めてきていた頃、何故か私はヴィジュアル系バンドと出会います。

 

デスボを多用したりする曲が多くメイクの濃いコテコテのバンド、一般受けの良い曲が多くてメイクが比較的薄めな近所のお兄ちゃん系バンドなどヴィジュアル系にもいろんなジャンルがあります。

私が最初にハマったのは後者です。

(のちのち、コテコテの良さにも気づくことになりますが…)

 

カッコよくて美しい見た目、バンド、聴きやすい曲、…私の好きなすべてがヴィジュアル系には詰まっていて、ジャニーズしか知らなかった私は衝撃を受けました。

 

嵐のライブチケットが4年間も当たらず(今となっては全然良い方)、現場に飢えていた私にとって、V系バンドは会いに行きやすく、ツアーも何箇所も参戦して当たり前で、メンバーとファンの距離が近いっていう事は魅力的でした。

 

小6の頃に嵐について調べることが幸せだったように、この頃の私はV系について調べることが幸せで、自然と嵐とV系にかける時間が逆転し、私はバンギャ(バンギャルの略)というV系ファンになりました。

 

嵐ファンとは名ばかりで、高校最後の2年間は大好きなバンドにTwitterでリプを送ったり、ライブに行くために地方から遠征することが生きがいでしばらくジャニーズからは離れていました。

 

 

とは言っても、完全に離れたわけではなく…

 

バンギャ生活が日常になってきた頃、ジャニーズ主演・出演のドラマに応援していたバンドマンが出演するというミラクルが起こりまして、その人目当てで見ていたドラマがありました。

それに出演していたジャニーズJr.の安井謙太郎くんが気になり、その頃から自ら少クラを見始めました。

また、クラスにもようやくジャニオタさんを発見したこともジャニオタをやめられなかった一因かなって思ってます。

 

 

このことから、大学の自己紹介は「バンギャ兼嵐ファン(ジャニオタ)です」という、男ウケが最悪なものに。笑

(基本的に趣味があればいい人間なんで周りの男の子に興味ないからいいけれど。)

 

 

大学入学後も高校時代と変わらずバンギャとしてバンドを追いかけていました。

 

そんなある日、転機がありました。

今まで何年も当たってこなかった嵐のライブチケットが当選したのです!

正直、「今?」って感じもありましたが、嵐ファンの気持ちが少しは残っていたため行かない理由はなかったです。

 

久々の嵐のライブに行ったところ、行けるだけでも幸せなのに、席が前回より良くて、嵐メンバーがステージに現れた瞬間にようやく会えたという思いでうちわで顔を隠しながら1人で号泣。

2~3曲ほど記憶にないです。←

 

素敵な思い出が出来てますますジャニオタを引きずるようになった頃、私の応援していたバンドが次々と活動休止を発表しました。

この時点で自分の中で積極的に応援してるバンドは残り1つになってしまったのです。

今の時代、V系バンドが業界で勝ち残っていく難しさを実感しつつ、次はどこのバンドを応援しようかとしばらく路頭に迷っていました。

 

そんな時期、気分転換に友達と行った旅行先で、ロケ中の中間淳太くん、桐山照史くん、神山智洋くんに遭遇!

 

お話したわけでもなく同じ通りにいたので、2、3回すれ違っただけだったのですが、ジャニーズWESTで大好きな神ちゃんと昔から気にかけていたB.A.D.の2人に遭遇できたことが自分の中で奇跡としか思えなかったんです。

(この頃もずっと少クラは見ていたので、見る度に「この前3人と遭遇したんだよな~」って思い出に浸ってました。)

 

 

それでもバンギャ活動は続けていました。

1番好きなメンバーにも覚えてもらったりして、応援してるバンドは減ったものの充実していた(むしろ好きなメンバーの影響で声優やアニメを追いかけている時期があったくらい)のですが…。

突然バンドで1番好きなメンバーが突然の脱退。

 

好きなメンバーがいなくてもバンド自体が大好きだったので脱退したメンバーが出演するはずのライブに行ったりもしましたが、いつもメンバーが立っているところを見ても誰もいないことやパソコンの打ち込みで対応された楽器の音、咲く(メンバーに対する求愛行動的な振り。ジャニーズでいうとうちわを持つみたいなこと。)相手がいない現実に耐えられず、それからライブにも行けなくなりました。

 

それ以来、しばらく経ちますが未だに行けてません。

 

その後に私の中に残ったものはジャニーズだけでした。

嵐はファンしてはずっと安定期に入ってるので、引き続き今までのように応援していたのですがどこか物足りなさを感じていました。

 

そこで、思い出したのは以前に遭遇した3人のグループ、ジャニーズWEST

メンバー一人一人のことは昔から知っていたし(むしろ、神ちゃんは昔Jrの中で1番好きだったくらい)、結成前の段階から少クラを観ててグループ自体気になっていて、たまに調べたりはしていましたが、1度本格的に彼らのことが知りたくなって雑誌を引っ張り出したりして大調査を行いました。

 

見事に沼に落ちました。笑

 

いろいろありましたが、現在私はジャス民であり、嵐ファンです。

もしかしたらここ数年で1番楽しいんじゃないかってくらい充実しています。

 

だからここで一区切りをつけようと思います。

バンギャを上がろうかと思います。

(ジャニーズだと降りるだけど、V系だと上がると言います。)

 

曲は大好きだけど、数々の活動休止や解散、脱退で私のV系においての居場所がどんどん失われ現場に行かなくなった今、無理してバンギャを名乗っている必要はないなって。

久々の嵐のライブ当選からこれまでの一連の流れが、ジャニオタに戻る運命だったのではないかと思えて、もうバンギャには戻れないなって。

 

だからこれを区切りとして、また昔のようにジャニーズ一筋で応援していこうと決心しました。

 

かなり長くなりましたが、これが私のジャニオタとしてバンギャとしての過去、これからの私です。

完全に自己満の記録になりましたが(^^;

 

 

 

この自己満ブログはいつまで続くかな?笑

 

次からはちゃんとジャニストについて書くと思います笑